司法書士になるための試験!


law exam sihousyosi.jpg

-司法書士試験-〜二つの道〜

・司法書士試験には二つの道があります。
-法務省実施の司法書士試験
-特定の職業からの審査の上での資格取得

-法務省実施の司法書士試験-

・この司法書士試験にはまず「筆記試験」があり、次に第一関門である筆記試験に合格した者が受けることができる「口述試験」があります。

・筆記試験のスケジュールは毎年、7月の第1週(又は第2週)の日曜日に各法務局管轄の受験地で行われています。

試験午前の部-
・多肢択一式35問を2時間制限のテスト。科目は、憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野の法令を含む)、刑法からの出題となっています。

試験午後の部-
・多肢択一式35問と記述式2問を3時間制限のテスト。科目は、択一では供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法、不動産登記法、商業登記法からの出題で、記述式では不動産登記、商業登記から出題されることになっています。

これら合計11科目が試験科目となっていて、民法、不動産登記法、商法、商業登記法の四科目に関しては主要四科目と呼ばれ、テストの出題率がカナリ多いとのこと!

-口述試験
・口述試験は毎年10月中旬頃の実施で、試験科目は、筆記試験の範囲と一緒とされています。


-職務従事経験者からの資格取得-
この道の内容はある特定の職業から法務大臣に対して資格認定を求めることができる制度です。ドラマHEROで事務官が検事に特定の条件で昇進しようとするような行為です!

その特定の仕事とは?

@裁判所事務官, 裁判所書記官, 法務事務官又は検察事務官として登記訴訟の事務に関する法律的事務に従事した者であって、10年以上の経験がある者。

A簡易裁判所判事又は副検事としてその職務に従事した期間が通算して5年以上の者が規定されていて、この場合で資格を求める場合は口述及び必要に応じ筆記の方法によっての試験で決められます。
posted by トモ | 司法書士の道
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。