行政書士になる試験!


exam japan.jpg

-行政書士試験-
・受験資格に制限はなく、試験は11月第二日曜日都道府県知事が財団法人行政書士試験研究センターに委託し、全国47都道府県で行われます。

-試験科目-
・試験科目は業務に関する法令として、憲法、民法、行政法、商法、基礎法学の必要と、業務に対しての一般知識として、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解とあります。また可能性として、平成17年度まで試験科目であった行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等も一般知識として出題される場合もあります。試験問題は、毎年度4月1日現在施行の法律に準拠して出題されます

試験のスタイルとしては、5択でマークシートを使う試験と、40字程度の記述式(法令科目のみ)の二つです。

-合格基準-
・合格基準としては、全体で60%を得点しつつ、法令科目で50%、一般知識で40%の得点していることです。しかし問題の難易度によっては変わることがあります。

-試験難易度-

・試験の難易度は仕事の人気度や仕事の守備範囲が広がったということで難易度を増しているとの報告があります。合格に至るまでの平均時間は法律の純粋未習者で3年から4年、司法試験受験者で1年以内とのことです。
posted by トモ | 行政書士の道
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。